ジル・ブライト(♂)の自己満ブログ「Jill's Blog」へようこそ!
ゲームと映画を中心に、興味持った事を好き勝手に書き綴っております
足跡・コメントなどお気軽にどうぞ♪


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 映画ブログへ FC2ブログランキングへポチッと 人気ブログランキングへポチッと
|このエントリーをはてなブックマークに追加 |はてなブックマーク - スポンサーサイト [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画 インセプション 

川崎IMAXシアター映像音響は満足だけど、暑かったり寒かったりの空調がどうにも。
こんばんわ、ジル・ブライトです。

今回の映画感想はインセプション

L・ディカプリオと渡辺謙の共演でも話題となった、クリストファー・ノーラン監督が放つSF超大作!

映画 インセプション
犯罪現場は、お前の頭の中

コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人が夢を見ている最中に、その潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗むことのできる優秀な人材だった。彼は、企業スパイの世界でトップの腕前を誇っていたが、やがて国際指名手配犯となってしまう。そんなある日、コブの元に“インセプション”と呼ばれるほぼ不可能に近い仕事が舞い込む。(シネマトゥデイより抜粋)

<a href="http://music.zackhemsey.com/track/mind-heist">Mind Heist by Zack Hemsey</a>

予告編を見て、何かが起こりそうな手に汗握るテーマ曲(↑)に聞き惚れまして、
これは絶対IMAXで観なくては!って事で観賞してきましたが、IMAXで観て良かったです!
思った通り、インセプションでかかる曲は地鳴りのような重い低音となってサイコーでした(*´∇`*)

そうそう、劇中で夢から覚める為の合図として使われたエディット・ピアフの『水に流して』
この曲をスロー再生すると、なんと↑のテーマ曲と酷似したメロディーになるんだそうな!?
面白い仕込みだなと思いますが、何よりこの事に気づいた人のがすごいと思いません?(笑



さて、冒頭から惹きこまれ、あっという間の2時間半

難解でややこしい映画に感じますが、難しい見方をしなくても楽しめる作品でした。
どこかの評論に、「インセプションは文系的発想で作られている」とありましたが、同感です。
理系よりの哲学臭い作品だったら、ここまでのヒットには繋がらなかったのではないかと思いますし。

冒頭からして既に“あっちの世界”なので、のっけから置いてけぼり状態となる方も居そうですが、
細かな仕組みは理解できなくとも、ストーリー自体は漠然と見進めていても理解できる内容です。

物語の肝となるコブとモルのラブストーリーは、ここは何層だとか何処で世界を構築していたとか、
理解する事で深みが増すのは間違いありませんが、理解していなくても一連の物語として楽しめます。
この気楽にも深くにでも観れる絶妙なバランス加減、お見事と言いたいですね(*゚▽゚*)

なんか難しかったけど楽しかったよ♪…という方も少なくないのではないでしょうか。


余談ですが、私的には夢の世界をPCフォルダに例えると解り易いんじゃないかなと思ったり。

PC内のAというフォルダの中にBフォルダがあって、さらにBの中にはCフォルダがあったとして、
Cフォルダの中を見るには、AとBのフォルダを経由する必要があります。
また、フォルダに共有をかければ、複数人で同じフォルダを共有する事も出来ますよね。

フォルダを夢に見立てABCを階層と考えるとすごく似てませんか?どうでしょ。

inception

…というか、簡単に前置きするつもりが長くなりましたので、あとは手短に(;´Д`A ```

インセプションの大きな見所の一つが、現実や階層とリンクされた夢の映像描写。

現実で水の入ったバスタブに落ちたら、ありえない形で夢の中に大量の水が降り注がれるとか、
現実や夢の上層で起きた出来事が、色々な形で下層に影響してくる点が見ていて面白く、
さすが夢と言わんばかりの、自由でいてスケール感溢れる描写には楽しませてもらいました!

クライマックスでは映像と音響の迫力に圧倒され、鳥肌もの!!

また、インセプションでは現実と夢の各階層は時間の流れが違う設定なのですが、
深い階層からの視点では、上層に行くにつれスロー描写になる等、時間軸も分かりやすく、
その都度、すごいな~と映像を楽しみ、なるほどね~と脚本に関心する感じでした(笑

虚無からの戻り方など、いくつか疑問点も残りましたが、とにかく面白かったです。



一つ希望を言うとしたら、インセプション任務一直線な展開が惜しいというか、
折角、空間構築する「建築士」など、役割分担化した面白い発想を盛り込んだのだから、
通常の“アイデアを盗む”任務も見たかったなと。手頃な任務を幾つか織り交ぜて欲しかった。

それと、ディカプリオは最近こういった役所が定着してるのでイメージ通りでしたけど、
渡辺謙の役所が随分と想像と違っていて、個人的にはいまひとつ微妙な所……。

ちなみにラストシーンは、私は素直に良い方向に受け取りました。

とりあえず、未観賞の方は是非!オススメです。

あでおーす(*゚▽゚*)






関連記事


にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 映画ブログへ FC2ブログランキングへポチッと 人気ブログランキングへポチッと
|このエントリーをはてなブックマークに追加 |はてなブックマーク - 映画 インセプション [ 2010/08/24 18:14 ] 映画:洋画 | TB(0) | CM(2)

やややー、ついにですか!!!
あ~興奮するぅぅー。見たいっ!!

近くに100円レンタルDVD屋さんが出来ちゃってw
もーね、20本まで借りられちゃうというから大変。
3日ほどで、7本制覇っ!
もぉー頭クラクラしますwww

見に行かなくっても、、というのはこうして借りちゃいますが。でもっ!
やはりこれは見に行きたい><;
迫力がね・・。
ディカプリオのタイタニックも もちろん見に行きました。
あれはDVDじゃだめ~かなって。

ちなみに7本の評価は・・ん~かなり前の見てないのもあって、ワルキューレとか奇跡のシンフォニーとかジャンパーです。
半分半分?!でしたぁw

あーーージルさんがうらやましす><w
[ 2010/08/25 18:02 ] [ 編集 ]
◆ぽよ~んさん
インセプションは劇場で観る価値はあると思います。
ただ、公開から1ヶ月以上経ちましたので、劇場でなら早めのがいいかもですよ?

近所に100円レンタルは羨ましいですね~!
私も同じ位の価格でレンタルしているのですが、近所と言えるほどは近くなくて…。

それにしても3日で7本とは、すごい。
挙げられた3作は、いずれもジャンルは違いますけど、楽しめる作品ですよね!
…いやジャンパーは微妙かも?(笑
でも、当りの少ない最近の映画で、半分は楽しめたなら良しではないでしょうか(*゚▽゚*)
[ 2010/08/26 00:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ジル・ブライト

Author:ジル・ブライト
 
文章から♀と勘違いされる事が多いのですが至って普通の♂です。
どうぞよろしくネー。

Hello, welcome foreign guest.
But I'm not good at foreign languages.
I might not understand the messages and comments.
I'm sorry.


旧ブログは↓からどうぞ。
(2008年8月以前の記事)
http://blog.plaync.jp/zill.slog

最近の記事+コメント
過去ログ

カテゴリ
ザ・シムズ3
ザ・シムズ3記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QRコード
QRコード
Copyright

TARTAROS-タルタロス-
Copyright © 2009 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved. Copyright ©  WeMade Entertainment Co.,Ltd. All Rights Reserved.Copyright ©  INTIVSOFT. All Rights Reserved.

モンスターヴェルトオンライン
Fivestars Online Entertainment are all registered service marks or service marks of Five Stars Online Entertainment Ltd. © 2008 Five Stars Online Entartainment. All rights resrved

アトランティカ
Copyright © 2008 NEXON Corporation and NEXON Japan Co., Ltd. All Rights Reserved. Copyright © 2008 NDOORS Corporation. All Rights Reserved.

モンスターファームオンライン
Published by Gamepot Inc. ©TECMO,LTD.2006

真・三國無双 Online
このホームページに掲載している『真・三國無双 Online』の画像は、『真・三國無双 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエー、またはCJインターネットジャパン株式会社が使用許諾を行ったものです。
「(c) 2006-2008 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.」

カウンター

現在人が閲覧しています


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。