ジル・ブライト(♂)の自己満ブログ「Jill's Blog」へようこそ!
ゲームと映画を中心に、興味持った事を好き勝手に書き綴っております
足跡・コメントなどお気軽にどうぞ♪


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 映画ブログへ FC2ブログランキングへポチッと 人気ブログランキングへポチッと
|このエントリーをはてなブックマークに追加 |はてなブックマーク - スポンサーサイト [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画 アバター(IMAX-3D版) 

4400円も払って観た映画「アバター」……果たして価格に見合う映画だったのか?!
こんばんわ、ジル・ブライトです。


今回の映画感想はアバター(AVATAR)
タイタニックのJ・キャメロン監督が構想14年,制作に4年を費やしたSF超大作!




観るのではない。そこにいるのだ。

本作は、当然の如く期待して観賞しましたが、期待に応えてくれました!
まるでゲームの世界に自分が入り込んだような、まさに「そこにいるのだ」的体験(笑

物語を簡単に書くと「私欲のために他の惑星を侵略する人類 vs 惑星に住む原住民」、
ベタな展開で、そこに秘められたテーマも何ら斬新さはなく使い古されたモノだったりするのですが、
善と悪が明白で分かり易い構図となっている為、難しく考える事なく素直に映像に集中できます。

何の捻りもない善悪の単純なストーリー展開には不満の声も少なくないようですが
始めは誰もが抵抗や違和感を感じるであろうナヴィ族(原住民)に対して自然と感情移入し、
最後には愛おしさすら覚えてしまう理由がそこにあるのではないかなと、私はそう感じました。
後半の大佐との対決シーンは、いかにもすぎて一瞬興ざめしちゃいましたけども…。

まぁ3時間弱の長編ですから小難しいと疲れちゃいますし、計算しつくされた単純化なのかも?(笑

アバター AVATAR

物語は大事ですが、アバターと言えばやはり3Dと映像も重要でしょう!!

3Dは一般的に思い浮かべる一部が眼前にドーンと飛び出してくる感じとは違います。
映像に奥行きを感じさせる3Dとなっていて、ボキャブラリー少ない私ではうまく表現できませんが、
自身が見てる3次元の光景をそのまま立体映像化していると言えば、なんとなく通じるでしょうか?
これにより、まるで自分がその場に居る様な感覚を覚えてしまうのです。
3D映画初心者の私は、字幕まで浮き上がってみえる事に少々驚きました(笑

ただ、3D映像だからでしょうけど、全体的にややボケ気味で、ピントが甘く観辛い箇所もあったので、
クリアな映像で3Dを映写できるかが3D映画の課題の一つと言えそうです。
あと、課題と言えば、やはり3Dメガネ無しで観れるようにしてほしいですよね!

映像も細部まで綺麗で、人間側の操るメカはとても精巧ですし、惑星パンドラは本当に美しい。
特に夜の森で植物達が発光してるあの幻想的な世界は、その映像美に見とれてしまいましたし、
艦隊からミサイルが一斉射撃されるシーンなど戦闘シーンもすごく印象深いです。
IMAX-3Dで観賞だからかもですが、やばいくらいに迫力ありました!!…本気ですごかった。

2Dで観ても映像美は堪能出来ると思いますが、カメラワークは確実に3Dを意識していますから、
やはり3D版で観てこそアバターのすごさが体感できると思います。


ちなみに、ジブリ(宮崎駿作品)の雰囲気を感じると思ったら、多くの方がそう感じてたようで(笑
それもそのはず、監督が「もののけ姫にオマージュをささげたシーンが…」と発言していたんだとか。

アバター AVATAR

自らの失態でアバター観賞には4400円(理由はコチラ)と、高くついてしまいましたが、
今回が初の3D映画,初のIMAX-3Dという事もあり、十分楽しめましたから結果として満足してます。
IMAX-3Dの一般価格は2200円)
再度料金払って観る位ならDVDで……とかも考えたけど、やっぱり劇場で観てよかった(*´∇`*)

映像の迫力も音響も本当に良くて、またIMAX-3Dで観たいなと思いました!

余談ですが、XpanDRealDDolby3Dなど劇場によって3D映写方式が違うらしく、
たかが方式の違いと侮れず、どの映写方式で観たかによって随分と印象が変わるみたいですよ。

参考までにアバターに関しては、各所レビュー等を拝見したところ、
XpanD方式で観た方に 「映像が暗く観辛い」「3Dメガネが重い」という意見が多くみられました。
尚、XpanD方式は主にTOHO系の劇場で採用されているようです。

うちから近いのがTOHOのシネコンだけに、今後3D映画を観る時は近場か遠出かで悩みそう(笑

逆にお勧め的な意見が多かったのは、やはりIMAX-3D版でした。
他3D方式よりも若干割高だけれど、前方に広がる巨大スクリーンの臨場感は他では味わえませんし、
多少遠くても行ける距離にあるのであれば、私的にもIMAX-3D版での観賞がオススメかな。

何にしても、DVDやBD待ちではなく、劇場で(3D版を)観た方が圧倒的に楽しめる映画だと思います。

あでおーす(*゚▽゚*)



関連記事


にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 映画ブログへ FC2ブログランキングへポチッと 人気ブログランキングへポチッと
|このエントリーをはてなブックマークに追加 |はてなブックマーク - 映画 アバター(IMAX-3D版) [ 2010/01/13 23:59 ] 映画:洋画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ジル・ブライト

Author:ジル・ブライト
 
文章から♀と勘違いされる事が多いのですが至って普通の♂です。
どうぞよろしくネー。

Hello, welcome foreign guest.
But I'm not good at foreign languages.
I might not understand the messages and comments.
I'm sorry.


旧ブログは↓からどうぞ。
(2008年8月以前の記事)
http://blog.plaync.jp/zill.slog

最近の記事+コメント
過去ログ

カテゴリ
ザ・シムズ3
ザ・シムズ3記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QRコード
QRコード
Copyright

TARTAROS-タルタロス-
Copyright © 2009 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved. Copyright ©  WeMade Entertainment Co.,Ltd. All Rights Reserved.Copyright ©  INTIVSOFT. All Rights Reserved.

モンスターヴェルトオンライン
Fivestars Online Entertainment are all registered service marks or service marks of Five Stars Online Entertainment Ltd. © 2008 Five Stars Online Entartainment. All rights resrved

アトランティカ
Copyright © 2008 NEXON Corporation and NEXON Japan Co., Ltd. All Rights Reserved. Copyright © 2008 NDOORS Corporation. All Rights Reserved.

モンスターファームオンライン
Published by Gamepot Inc. ©TECMO,LTD.2006

真・三國無双 Online
このホームページに掲載している『真・三國無双 Online』の画像は、『真・三國無双 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエー、またはCJインターネットジャパン株式会社が使用許諾を行ったものです。
「(c) 2006-2008 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.」

カウンター

現在人が閲覧しています


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。