ジル・ブライト(♂)の自己満ブログ「Jill's Blog」へようこそ!
ゲームと映画を中心に、興味持った事を好き勝手に書き綴っております
足跡・コメントなどお気軽にどうぞ♪


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 映画ブログへ FC2ブログランキングへポチッと 人気ブログランキングへポチッと
|このエントリーをはてなブックマークに追加 |はてなブックマーク - スポンサーサイト [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画 エクスペンダブルズ 

試写会でここへ足を運ぶの一体何度目だろうって位に縁のあるヤクルトホール。
こんばんわ、ジル・ブライトです。

今回の映画感想はエクスペンダブルズ

シルベスター・スタローン監督・脚本・主演、豪華共演者が話題のアクション超大作!

エクスペンダブルズ

最強無敵 消耗品軍団、出撃。

まず、スタローンの呼びかけで集結したムキムキマッチョな豪華スター達の共演という事で、
確かにキャストを見ると主役級の面々が揃っていて、これは期待せざるを得ないですよね。

…で、実際に観た感想ですが、

スタローンがとても64歳とは思えない程にアクションしていて、ホントすごい人だなと。
そして、めちゃめちゃスカっとする爽快な映画でした!

最近はCG頼りの大作ばかり見ていたせいか、
触れ込み通りにCGや3Dを吹き飛ばす勢いを感じさせる本作のリアルなアクションは逆に新鮮。

一応というか当然ストーリーはありますが、あって無いようなものですし、
自らを使い捨ての消耗品軍団と名乗っているにも関わらず最強無敵ですから、
激しい銃撃戦や大爆発の中であろうと誰一人として味方は死にません(笑

四の五の言わずに終始続くド派手なアクションを 楽しんだ者勝ちです!

豪華共演の一番の見所は、やはりスタローンとシュワルツェネッガーとブルース・ウィリス。
この3人が一堂に会しているシーンですね。夢の共演なんだけど不思議な感じ。
例えば、全く別のアニメの主人公達が1作品に集まって会話してるような感じでしょうか(笑
しかも、その3人の会話がユーモアたっぷりで、観客の皆さんも爆笑しておりました。
会話の内容は是非ご自身の目で。

この3人の会話以外にも、思わずぷっと笑ってしまうコメディタッチな会話が多く、
アクションだけでなく会話から陽気な気分にさせてくれるユーモラスな映画でもあります。

キャストのファンやアクション映画ファンはもちろんですが、
今の気分をリフレッシュしたい!そんな方には是非とも劇場観賞をオススメしたい映画です!


余談ですが、観賞時に私の隣に座っていたお姉さんの驚きっぷりに驚かされました。
劇中の不意打ちシーンや爆音の都度、ビクッと椅子が揺れるほどに体で大きく反応していまして、
ビクッにプラスして「あっ」「きゃっ」など声つきという、もうそれはTV級のリアクション(笑
あまりのリアクションに、きっと私だけでなく周辺一体の人も気になって仕方なかった事でしょう。

あでおーす(*゚▽゚*)




にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 映画ブログへ FC2ブログランキングへポチッと 人気ブログランキングへポチッと
スポンサーサイト
|このエントリーをはてなブックマークに追加 |はてなブックマーク - 映画 エクスペンダブルズ [ 2010/09/22 03:00 ] 映画:洋画 | TB(0) | CM(0)

映画 インセプション 

川崎IMAXシアター映像音響は満足だけど、暑かったり寒かったりの空調がどうにも。
こんばんわ、ジル・ブライトです。

今回の映画感想はインセプション

L・ディカプリオと渡辺謙の共演でも話題となった、クリストファー・ノーラン監督が放つSF超大作!

映画 インセプション
犯罪現場は、お前の頭の中

コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人が夢を見ている最中に、その潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗むことのできる優秀な人材だった。彼は、企業スパイの世界でトップの腕前を誇っていたが、やがて国際指名手配犯となってしまう。そんなある日、コブの元に“インセプション”と呼ばれるほぼ不可能に近い仕事が舞い込む。(シネマトゥデイより抜粋)

<a href="http://music.zackhemsey.com/track/mind-heist">Mind Heist by Zack Hemsey</a>

予告編を見て、何かが起こりそうな手に汗握るテーマ曲(↑)に聞き惚れまして、
これは絶対IMAXで観なくては!って事で観賞してきましたが、IMAXで観て良かったです!
思った通り、インセプションでかかる曲は地鳴りのような重い低音となってサイコーでした(*´∇`*)

そうそう、劇中で夢から覚める為の合図として使われたエディット・ピアフの『水に流して』
この曲をスロー再生すると、なんと↑のテーマ曲と酷似したメロディーになるんだそうな!?
面白い仕込みだなと思いますが、何よりこの事に気づいた人のがすごいと思いません?(笑



さて、冒頭から惹きこまれ、あっという間の2時間半

難解でややこしい映画に感じますが、難しい見方をしなくても楽しめる作品でした。
どこかの評論に、「インセプションは文系的発想で作られている」とありましたが、同感です。
理系よりの哲学臭い作品だったら、ここまでのヒットには繋がらなかったのではないかと思いますし。

冒頭からして既に“あっちの世界”なので、のっけから置いてけぼり状態となる方も居そうですが、
細かな仕組みは理解できなくとも、ストーリー自体は漠然と見進めていても理解できる内容です。

物語の肝となるコブとモルのラブストーリーは、ここは何層だとか何処で世界を構築していたとか、
理解する事で深みが増すのは間違いありませんが、理解していなくても一連の物語として楽しめます。
この気楽にも深くにでも観れる絶妙なバランス加減、お見事と言いたいですね(*゚▽゚*)

なんか難しかったけど楽しかったよ♪…という方も少なくないのではないでしょうか。


余談ですが、私的には夢の世界をPCフォルダに例えると解り易いんじゃないかなと思ったり。

PC内のAというフォルダの中にBフォルダがあって、さらにBの中にはCフォルダがあったとして、
Cフォルダの中を見るには、AとBのフォルダを経由する必要があります。
また、フォルダに共有をかければ、複数人で同じフォルダを共有する事も出来ますよね。

フォルダを夢に見立てABCを階層と考えるとすごく似てませんか?どうでしょ。

inception

…というか、簡単に前置きするつもりが長くなりましたので、あとは手短に(;´Д`A ```

インセプションの大きな見所の一つが、現実や階層とリンクされた夢の映像描写。

現実で水の入ったバスタブに落ちたら、ありえない形で夢の中に大量の水が降り注がれるとか、
現実や夢の上層で起きた出来事が、色々な形で下層に影響してくる点が見ていて面白く、
さすが夢と言わんばかりの、自由でいてスケール感溢れる描写には楽しませてもらいました!

クライマックスでは映像と音響の迫力に圧倒され、鳥肌もの!!

また、インセプションでは現実と夢の各階層は時間の流れが違う設定なのですが、
深い階層からの視点では、上層に行くにつれスロー描写になる等、時間軸も分かりやすく、
その都度、すごいな~と映像を楽しみ、なるほどね~と脚本に関心する感じでした(笑

虚無からの戻り方など、いくつか疑問点も残りましたが、とにかく面白かったです。



一つ希望を言うとしたら、インセプション任務一直線な展開が惜しいというか、
折角、空間構築する「建築士」など、役割分担化した面白い発想を盛り込んだのだから、
通常の“アイデアを盗む”任務も見たかったなと。手頃な任務を幾つか織り交ぜて欲しかった。

それと、ディカプリオは最近こういった役所が定着してるのでイメージ通りでしたけど、
渡辺謙の役所が随分と想像と違っていて、個人的にはいまひとつ微妙な所……。

ちなみにラストシーンは、私は素直に良い方向に受け取りました。

とりあえず、未観賞の方は是非!オススメです。

あでおーす(*゚▽゚*)








にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 映画ブログへ FC2ブログランキングへポチッと 人気ブログランキングへポチッと
|このエントリーをはてなブックマークに追加 |はてなブックマーク - 映画 インセプション [ 2010/08/24 18:14 ] 映画:洋画 | TB(0) | CM(2)

映画 エアベンダー 

プレミアム系シートの心地よさは想像以上でした!ハマってしまいそう。
こんばんわ、ジル・ブライトです。

今回の映画感想はエアベンダー

「シックス・センス」のM・ナイト・シャマランが放つアクション・アドベンチャー超大作!

エアベンダー
4つの王国。 1つの運命。

気、水、土、火の4つの王国が均衡を保つ世界。しかし、火の王国が反乱を起こし、人々の平和が脅かされる事態に。気の王国の生き残りであり、気を操ることができる“エアベンダー”、アン(ノア・リンガー)に希望が託される。しかし、彼が世界に調和をもたらすには、気、水、土、火の4つすべてを操る“アバター”を目指さねばならず……。(シネマトゥデイより)


ジャパンプレミアで楽しませてもらった事もあり、折角だからと劇場観賞しました。
本作の3D版は、2D映像を3D変換させた物で3D効果は低いっぽいので、2D版にて観賞。

シャマラン監督作品は一通り鑑賞済みで、好きな作品も嫌いな作品もありますが、
シャマランらしさ云々は置いといて、本作エアベンダーは良い意味で期待を裏切ってくれました!

…というのも、1億円を費やした豪華なショーで盛大にPRしたジャパンプレミアは話題にならず、
また、公開したらしたで、どうにも評価がよろしくなく各処で酷評ばかり目にしたりと、評判は散々。
それだけに全然期待していなくて、…でもいざ観たら意外と楽しいじゃん!みたいな(笑


ジャパンプレミア↓

※携帯撮影の動画をエンコードした為、画質音声ともにひどい点はご容赦ください(;´▽`A``

カタラ役のニコラ・ペルツ、眼前で実物見た時は、すごく大人びて見えたので、
「えぇっ!15歳なの?うそだ~?」と思いましたが、劇中では普通に15歳に見えました(笑
逆のパターンはよくありますけど、役の方が年齢相応に見えるって珍しいかも?


それはさておき。

ご都合主義で駆け足に進むストーリー展開は深みが無く物足りなさを感じますし、
その為か劇中では登場人物に関する情報量が少なく感情移入し辛いのも確か。
申し訳程度に心の葛藤があるだけで実にあっさり…。

他にも、主役のアンに愛着が沸かなかったり、中国拳法のようなモーションに馴染めなかったり、
大真面目なシーンでまさかの日本人名に吹き出しそうになったり、不遇すぎる王子を哀れんだり、
物申したい事は色々あります…。

でも、なんだかんだで見入ってしまいました(*゚▽゚*)

小難しく考える必要がなかった分、映像に集中できたのかも…とポジティブシンキング(笑

冗談抜きに映像の迫力やスケール感がマイナス面を大きくカバーしていたように思いますし、
剣や槍ではなく、火・水・風・土を操り、それが入り乱れての戦いはなかなか見応えありました。
クライマックスシーンの迫力は圧巻の一言!(劇場の大スクリーンだからかもしれませんが)

ストーリーは薄味ですが、この手のジャンルが好きな方は楽しめるんじゃないかなと思います。


ちなみにエアベンダーは、まさかの3部作!!……本作はその第1章。
PRではその事には全く触れられていない為、観賞して初めて「えっ?続き物なの?」って感じ(笑
おそらく、続編は興収次第という事だからなのでしょうけども…。

個人的には続編を観たい作品ではありますが、制作されるのか、ちょっと心配ですね。。。

あでおーす(*゚▽゚*)


エアベンダー [DVD]エアベンダー [DVD]
()
不明

商品詳細を見る






にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 映画ブログへ FC2ブログランキングへポチッと 人気ブログランキングへポチッと
|このエントリーをはてなブックマークに追加 |はてなブックマーク - 映画 エアベンダー [ 2010/08/16 01:52 ] 映画:洋画 | TB(0) | CM(0)

映画 レギオン 

何故か試写会へ赴く時は雨な事が多かったりします…雨男ではないはず?!
こんばんわ、ジル・ブライトです。

今回の映画感想はレギオン

人類と天使の壮絶な闘いを描いたスーパーナチュラル・アクションスリラー!

legion

人類vs.天使 人類の希望――神の命に背いた大天使ミカエル

人間を見限った神が、人類を滅ぼすべく遣わしたカブリエル率いる天使軍団(レギオン)と、
神の命に背き人類に加担した大天使ミカエルら人類との壮絶な戦いと聞けば、
私ならスケールの大きなSFファンタジー映画を想像してしまいますが……。

本作の感想を一言で言い表すならば、B級ホラー映画…?!

人類vs天使の壮絶な戦いの舞台は、砂漠に佇む一軒のドライブイン( ̄ェ ̄;) エッ?
そこへ車に乗って現れる天使軍団という名のゾンビもどきに銃火器で戦い続けるだけという、
まさに低予算映画と言えるスケールの小さい終末映画でした(笑

とにかく、天使軍団がただのゾンビとしか思えない…。
本来の姿なら飛べるし何十倍も強そうなのに、わざわざ人に憑依して噛み付き攻撃って、、、
予算的問題からの設定でしょうけど、奇抜を通り超えた設定に興ざめしちゃいました。
老婆やアイス屋さんは……ある意味笑えましたけども(笑

現代という時代設定上仕方ないのかもしれませんが、折角神話を取り入れているのだから、
多少なり中性的な人物像や描写があったらよかったのになと、その辺りも残念に思う所です。

試写会を見た手前上記事にしましたが、正直私は全く面白みを感じない映画でした。
聖書や神話にまつわる題材は好きな部類だっただけに残念…(´・ω・`)
でも、笑い話のネタとしては丁度良い映画かもしれません(笑

なお、見所は予告ムービー収録シーンでほぼ全てなので、予告以上の期待は禁物です。



あでおーす(*゚▽゚*)





にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 映画ブログへ FC2ブログランキングへポチッと 人気ブログランキングへポチッと
|このエントリーをはてなブックマークに追加 |はてなブックマーク - 映画 レギオン [ 2010/05/13 00:28 ] 映画:洋画 | TB(0) | CM(0)

映画 プリンセスと魔法のキス 

夢は、願えば叶いますか? 努力すれば叶いますか?
こんばんわ、ジル・ブライトです。


今回の映画感想はプリンセスと魔法のキス
廃止した手描きアニメを復活させ制作に臨んだディズニー渾身のプリンセスストーリー!!

プリンセスと魔法のキス


そのキスを、してはならぬ…。

ポスターやキャッチコピーからはミステリアスな雰囲気が感じられますが…。

いざ蓋を開けてみれば、ミュージカル調で展開する愉快で陽気で時に切ない愛の物語。
独特の雰囲気を持つ手描きアニメも変わらず健在で、まさにディズニーならではの作品でした!

ディズニーのプリンセスストーリーと言えば、キスで終わるハッピーエンドが定番です。
でも本作はキスから始まる一風変わったプリンセスストーリー!

呪いでカエルとなった王子の呪いを解くために仕方なくキスをする主人公ティアナ。
しかし呪いが解ける所か逆にティアナまでもがカエルになってしまう……そんな始まり。

また、ティアナの性格や人種からも他のプリンセスストーリー作品との違いが見て取れます。

自らの努力で夢を掴もうとするティアナの姿勢は、
おとぎ話の世界のプリンセスという単に憧れるだけの存在ではなく、
現代の女性が一緒に共感してしまうような、そんな女性像ではないかなと思いました。

そんな現代風プリンセスストーリーですが、王道好きな方もご安心を。

ラストは期待を裏切らない王道の中の王道を行く『魔法のキス』でハッピーエンドです!

プリンセスと魔法のキス

ディズニーアニメが大好きな人や、この類の物語が好きな人は、手放しで楽しめると思いますが、
やはり女性向けの映画だけに、大人の男性が楽しみきれる映画かどうかは怪しい所。
実際、私(男です)は、退屈に感じる所もチラホラありました(;´▽`A``

子供も楽しめる演出は施されていますが、大人の女性が一番ピシャリとハマル映画かなと。

ちなみに私は、主人公よりも冒険を共にする仲間達が気にいりまして、
中でも一番気に入ったホタルのレイは、なんとも言えない味がでていたし、
物語を引締める上で欠かす事のできない重要な役割を担っているように感じました。
そして、唯一ホロリときたキャラでもありました…。


最後に、この映画はカップル限定で行われた試写会にて鑑賞したのですが、
恋人同士やご夫婦らしき方々の中で、唯一パパと娘と思われる親子カップルが居まして、
そういうカップルもありだよな~と、なんだかすごく微笑ましくなりました。

あでおーす(*゚▽゚*)





にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 映画ブログへ FC2ブログランキングへポチッと 人気ブログランキングへポチッと
|このエントリーをはてなブックマークに追加 |はてなブックマーク - 映画 プリンセスと魔法のキス [ 2010/02/27 21:27 ] 映画:洋画 | TB(0) | CM(0)

映画 アバター(IMAX-3D版) 

4400円も払って観た映画「アバター」……果たして価格に見合う映画だったのか?!
こんばんわ、ジル・ブライトです。


今回の映画感想はアバター(AVATAR)
タイタニックのJ・キャメロン監督が構想14年,制作に4年を費やしたSF超大作!




観るのではない。そこにいるのだ。

本作は、当然の如く期待して観賞しましたが、期待に応えてくれました!
まるでゲームの世界に自分が入り込んだような、まさに「そこにいるのだ」的体験(笑

物語を簡単に書くと「私欲のために他の惑星を侵略する人類 vs 惑星に住む原住民」、
ベタな展開で、そこに秘められたテーマも何ら斬新さはなく使い古されたモノだったりするのですが、
善と悪が明白で分かり易い構図となっている為、難しく考える事なく素直に映像に集中できます。

何の捻りもない善悪の単純なストーリー展開には不満の声も少なくないようですが
始めは誰もが抵抗や違和感を感じるであろうナヴィ族(原住民)に対して自然と感情移入し、
最後には愛おしさすら覚えてしまう理由がそこにあるのではないかなと、私はそう感じました。
後半の大佐との対決シーンは、いかにもすぎて一瞬興ざめしちゃいましたけども…。

まぁ3時間弱の長編ですから小難しいと疲れちゃいますし、計算しつくされた単純化なのかも?(笑

アバター AVATAR

物語は大事ですが、アバターと言えばやはり3Dと映像も重要でしょう!!

3Dは一般的に思い浮かべる一部が眼前にドーンと飛び出してくる感じとは違います。
映像に奥行きを感じさせる3Dとなっていて、ボキャブラリー少ない私ではうまく表現できませんが、
自身が見てる3次元の光景をそのまま立体映像化していると言えば、なんとなく通じるでしょうか?
これにより、まるで自分がその場に居る様な感覚を覚えてしまうのです。
3D映画初心者の私は、字幕まで浮き上がってみえる事に少々驚きました(笑

ただ、3D映像だからでしょうけど、全体的にややボケ気味で、ピントが甘く観辛い箇所もあったので、
クリアな映像で3Dを映写できるかが3D映画の課題の一つと言えそうです。
あと、課題と言えば、やはり3Dメガネ無しで観れるようにしてほしいですよね!

映像も細部まで綺麗で、人間側の操るメカはとても精巧ですし、惑星パンドラは本当に美しい。
特に夜の森で植物達が発光してるあの幻想的な世界は、その映像美に見とれてしまいましたし、
艦隊からミサイルが一斉射撃されるシーンなど戦闘シーンもすごく印象深いです。
IMAX-3Dで観賞だからかもですが、やばいくらいに迫力ありました!!…本気ですごかった。

2Dで観ても映像美は堪能出来ると思いますが、カメラワークは確実に3Dを意識していますから、
やはり3D版で観てこそアバターのすごさが体感できると思います。


ちなみに、ジブリ(宮崎駿作品)の雰囲気を感じると思ったら、多くの方がそう感じてたようで(笑
それもそのはず、監督が「もののけ姫にオマージュをささげたシーンが…」と発言していたんだとか。

アバター AVATAR

自らの失態でアバター観賞には4400円(理由はコチラ)と、高くついてしまいましたが、
今回が初の3D映画,初のIMAX-3Dという事もあり、十分楽しめましたから結果として満足してます。
IMAX-3Dの一般価格は2200円)
再度料金払って観る位ならDVDで……とかも考えたけど、やっぱり劇場で観てよかった(*´∇`*)

映像の迫力も音響も本当に良くて、またIMAX-3Dで観たいなと思いました!

余談ですが、XpanDRealDDolby3Dなど劇場によって3D映写方式が違うらしく、
たかが方式の違いと侮れず、どの映写方式で観たかによって随分と印象が変わるみたいですよ。

参考までにアバターに関しては、各所レビュー等を拝見したところ、
XpanD方式で観た方に 「映像が暗く観辛い」「3Dメガネが重い」という意見が多くみられました。
尚、XpanD方式は主にTOHO系の劇場で採用されているようです。

うちから近いのがTOHOのシネコンだけに、今後3D映画を観る時は近場か遠出かで悩みそう(笑

逆にお勧め的な意見が多かったのは、やはりIMAX-3D版でした。
他3D方式よりも若干割高だけれど、前方に広がる巨大スクリーンの臨場感は他では味わえませんし、
多少遠くても行ける距離にあるのであれば、私的にもIMAX-3D版での観賞がオススメかな。

何にしても、DVDやBD待ちではなく、劇場で(3D版を)観た方が圧倒的に楽しめる映画だと思います。

あでおーす(*゚▽゚*)





にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 映画ブログへ FC2ブログランキングへポチッと 人気ブログランキングへポチッと
|このエントリーをはてなブックマークに追加 |はてなブックマーク - 映画 アバター(IMAX-3D版) [ 2010/01/13 23:59 ] 映画:洋画 | TB(0) | CM(0)

映画 ドラゴンボール EVOLUTION 

話題作=傑作ではないと分かっていてもつい見てしまう……それが“話題”作?!
こんばんわ、ジル・ブライトです。


今回の映画感想はドラゴンボール EVOLUTION
日本に留まらず世界で人気の漫画【ドラゴンボール】をハリウッドが実写化した話題作!




今まで見たことのない「ドラゴンボール」が待っている!

全く期待せずに鑑賞しまして、そのままの結果という…(;´▽`A``

まさに期待を裏切らない作品でした(笑

実写ならではの表現描写等、良い意味で期待を裏切ってほしかったのですが、
何処をとっても原作には遠く及ばず、ドラゴンボールとは程遠いB級アクション映画ですかね。

とにかく、新たなキャラが登場する度に、「えっ これがチチ?亀千人?ヤムチャ?」
てな具合に、名前出なければ誰がどのキャラかわからないくらいにお粗末…。
キャラの個性は消され、原作とかけ離れすぎた配役に最後まで違和感を拭えませんでした。

他にも原作に多数変更を加えた結果DBらしさは失われ、もはや完全な別物状態?!

それなら、別の映画として割り切れば楽しめるのかというと、そうでもなくて、、、
根本的に様々な事柄に対しバックグラウンドが描かれていない為、「?」となるとこ盛り沢山。
私的に映画としてもかなりの駄作なので、楽しめる観方を教えてほしいくらいです…。

ちなみに、続編をにおわして終わりますが、もういいです!という人が大多数ではないでしょうか。

DRAGONBALL EVOLUTION

何より、“原作に対する愛情が微塵も感じられなかった”のが悲しいといいますか、
安易に金儲けの手段として使われた印象が強く、とても残念です。

そもそも、原作者の鳥山明さんが本作に対し述べたコメント

脚本やキャラクター造りは原作者としては「えっ?」という感じではありますが、
(中略)別次元の『新ドラゴンボール』として鑑賞するのが正解かもしれません


これがオフィシャルサイトの予告ムービーに挿入されているあたりからして、
「皆さんの言いたい事は分かります、原作者だって完全には納得していないのだから」
という、配給側も最初から酷評を予測した上で、ある種の同情を誘う保守的対策でしょうか(笑

確かにキャッチコピーや鳥山明さんの言葉に偽りなく、見たことのないドラゴンボールでしたが…。
むしろ良くも悪くもどっちにも取れるナイスなキャッチコピーを考えた方を賞賛したいですね!

…以上、明らかな駄作ではありますが、話のネタとして鑑賞するならありかも?

あでおーす(*゚▽゚*)


ドラゴンボール EVOLUTION (特別編) [DVD]ドラゴンボール EVOLUTION (特別編) [DVD]
(2009/07/24)
ジャスティン・チャットウィンエミー・ロッサム

商品詳細を見る





にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 映画ブログへ FC2ブログランキングへポチッと 人気ブログランキングへポチッと
|このエントリーをはてなブックマークに追加 |はてなブックマーク - 映画 ドラゴンボール EVOLUTION [ 2009/11/09 18:19 ] 映画:洋画 | TB(0) | CM(0)

映画 地球が静止する日 

リメイク作品ではなく、オリジナルの大作SF映画が見たい今日この頃。
こんばんわ、ジル・ブライトです。


今回の映画感想は地球が静止する日
派手な宣伝が話題を読んだキアヌ・リーブス主演のSF映画!




人類が滅亡すれば、地球は生き残れる。

人類による環境破壊が続き地球は崩壊寸前。
地球を救うには人類を滅ぼし地球を浄化しなくてはならない。
という理由で、キアヌ演じる宇宙からの使者クラトゥが地球へ降り立つわけですが…。

一言で、残念すぎる映画でした。

タイトルからも見える壮大な構想は見る影もなく、見事なまでに期待を裏切ってくれました。

地球規模の使命を帯びて来た方が、「えっ?そんな簡単に心変わりしちゃうの?」
って感じですし、ラストの行動でどうなったのだろうと思ったら、なんとお終い(゚ロ゚;)エェッ!?
冗談抜きで、びっくりする位につまらない映画でした。

しかも、分かり易い位に環境破壊を危惧するメッセージを訴えかけていながら、
結局人類は何一つ変わらないと思うのですが……あれで問題解決になったのでしょうかね(笑

地球が静止する日

一応CGに関してはそれなりの迫力はありますが、今の時代これ位普通と言えばそうですし、
何より予告編に映るシーンがほぼ全てだったというのが致命的(´・ω・`)

…というか、CGシーンに限らず予告が全てと言っても過言ではないかも?(笑

個人的に本編より予告編を見てる方が楽しいとさえ感じた位で、
大作を予感させる予告編から興味をそそられる方は多いと思いますが、期待は禁物です!!

それでも観たいんだ!という方はご覧になっては如何でしょうか。

最後に、この映画を観た方のレビューをいくつか拝見したのですが、
「(ひどすぎて)観客の思考が静止する」といった内容のレビューがありまして、
うまい事言うねと関心しつつも、まさにその通りだなと思いました。

あでおーす(*゚▽゚*)


地球が静止する日 <2枚組特別編>〔初回生産限定〕 [DVD]地球が静止する日 <2枚組特別編>〔初回生産限定〕 [DVD]
(2009/05/02)
キアヌ・リーブスジェニファー・コネリー

商品詳細を見る




にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 映画ブログへ FC2ブログランキングへポチッと 人気ブログランキングへポチッと
|このエントリーをはてなブックマークに追加 |はてなブックマーク - 映画 地球が静止する日 [ 2009/10/20 19:03 ] 映画:洋画 | TB(0) | CM(0)

映画 永遠のこどもたち 

愛する者の幸せのためなら、どんな結末でも受け入れられますか?
こんばんわ、ジル・ブライトです。


今回の映画感想は永遠のこどもたち
ギレルモ・デル・トロ制作、本国スペインでは記録的ヒットとなったスピリチュアルホラー!




愛を信じたら、本当の光が見える。

この映画、一応括りとしてはスピリチュアルホラーという事のようで、
確かにホラー映画的描写もありますが、子を想う母親の愛に満ち溢れた感動的な作品です。
日本では大きな話題にはなりませんでしたが、非常に質の高い映画だと思います。

いやぁ泣けました(TωT)

独特の世界観もさることながら、やはりラストが強烈です(良い意味で)。
最後の解釈は観客に委ねるという、映画[パンズ・ラビリンス]と同様のスタイルですが、
その結末に涙しながらも余韻に浸ってしまう、そんな映画ではないでしょうか。

また、伏線の張り方も絶妙で、注意深く見てないと記憶に残らないような何気ないシーンが、
後々綺麗に繋がる様には、一つのパズルが完成した満足感のような心地よさも得られました。

一見すると地味な作品ですが、是非多くの人に観てもらいたい映画です!

永遠のこどもたち

余談ですが、劇中で子供達のやっている遊びが「だるまさんがころんだ」と瓜二つ!

私の勝手なイメージでは日本特有の遊びかと思っていたのですが、
もしや日本から伝わったのか?とか、その逆かも?とか思い、軽く調べてみました。

すると、スペインにとどまらずイタリアやフランスなどにもあり、
さらに英語圏でも存在していて、近い所では韓国や中国にも同様の遊びがあるそうな!!
意外や意外、まさかグローバルな遊びだったとは(笑

ただ、日本の「だるまさんがころんだ」の由来は各所に記載されているものの、
残念ながら、この遊び自体の発祥地は何処なのかは分からず終いでした(´・ω・`)
なんかスッキリしないので、もし分かる方が居ましたら教えて下さい。

…と、余談が長くなりましたが、

今作[永遠のこどもたち]の世界観が好きだという方には、
ギレルモ・デル・トロ監督のダークファンタジー[パンズ・ラビリンス]もオススメです。

[パンズ・ラビリンス][永遠のこどもたち]共にまだの方は合わせて是非!

あでおーす(*゚▽゚*)


永遠のこどもたち デラックス版 [DVD]永遠のこどもたち デラックス版 [DVD]
(2009/05/22)
ベレン・ルエダフェルナンド・カヨ

商品詳細を見る


パンズ・ラビリンス 通常版パンズ・ラビリンス 通常版
(2008/03/26)
イバナ・バケロ セルジ・ロペス マリベル・ベルドゥ ダグ・ジョーンズ

商品詳細を見る




にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 映画ブログへ FC2ブログランキングへポチッと 人気ブログランキングへポチッと
|このエントリーをはてなブックマークに追加 |はてなブックマーク - 映画 永遠のこどもたち [ 2009/10/15 18:12 ] 映画:洋画 | TB(0) | CM(0)

映画 ミラーズ 

比較的最近のホラー映画でオススメがありましたら是非教えて下さい。
こんばんわ、ジル・ブライトです。


今回の映画感想はミラーズ
ジャック・バウアーでお馴染みキーファー・サザーランド主演のサスペンスホラーです。




感じる。その奥に秘められた存在を―

廃墟と化したレトロな洋風デパート、そこに張り巡らされた鏡。
目新しくはありませんが、ゾクゾクするシチュエーションだけに期待していたのですが…。

残念ながら、期待ハズレでした(´・ω・`)

序盤から中盤にかけては、廃墟デパートと鏡に隠されたミステリーに胸躍らせ、
そこにホラー的スパイスが加わる事で、良い具合にドキドキして緊張感が高まるのですが、
真相が明らかになるにつれ矛盾が生じ、急激に面白みが薄れていきました。。。

鏡の正体にしても、そうかなと思いつつも判明したらしたで「やっぱりか」とガッカリ。
この手の洋物ホラーにはありがちですが、日本人では逆にリアリティが遠のく存在だけに…。
しまいには、物理的に倒して(殺して)解決しようという発想には口がポカーンでしたよ(笑

一応、最後のオチは「あらま、そういうオチですか」って思うには思いますが、
それ以前に突っ込み所が多すぎて、観終わる頃には正直オチなんてどうでもいい感じ(@Д@;

それと、主人公のとる行動に共感できなかったのもマイナスの要因かな。

ミラーズ

余談ですが、惨殺シーンから始まり過去の惨劇が垣間見える廃墟のデパート。
幽霊達の怨念か何かと臭わせておいて、実は黒幕は……な展開から、
私は映画[ゴーストシップ]を思い出しましたが、舞台は違えど何処か雰囲気似ていません?

まぁ「似てたら何?」って話なんだけども……ハイ(;´Д`A ```

また、謎を追ううちに一人の女性へ辿り着く描写には映画[リング]と近いものを感じましたが、
基本的に洋風ホラーテイストな作品の為、韓国ホラーのリメイクとは言われて初めて気づく感じ。
原作を未観賞につき、何処までリメイクされてるのか比較は出来ないのですけども…。

何れにしても今作は最初に述べた通り!

私的にかなり期待ハズレな映画でしたので、お世辞にもオススメは出来ませんが、
何か起こりそうな廃墟は雰囲気出てますし、見所の口裂けシーンはなかなかに衝撃的です。

「なんか すごく気になるゾ!」という方は観てみては如何でしょうか。

あでおーす(*゚▽゚*)


ミラーズ (完全版) [DVD]ミラーズ (完全版) [DVD]
(2009/07/03)
キーファー・サザーランドポーラ・パットン

商品詳細を見る




にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 映画ブログへ FC2ブログランキングへポチッと 人気ブログランキングへポチッと
|このエントリーをはてなブックマークに追加 |はてなブックマーク - 映画 ミラーズ [ 2009/10/09 19:59 ] 映画:洋画 | TB(0) | CM(2)

プロフィール

ジル・ブライト

Author:ジル・ブライト
 
文章から♀と勘違いされる事が多いのですが至って普通の♂です。
どうぞよろしくネー。

Hello, welcome foreign guest.
But I'm not good at foreign languages.
I might not understand the messages and comments.
I'm sorry.


旧ブログは↓からどうぞ。
(2008年8月以前の記事)
http://blog.plaync.jp/zill.slog

最近の記事+コメント
過去ログ

カテゴリ
ザ・シムズ3
ザ・シムズ3記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QRコード
QRコード
Copyright

TARTAROS-タルタロス-
Copyright © 2009 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved. Copyright ©  WeMade Entertainment Co.,Ltd. All Rights Reserved.Copyright ©  INTIVSOFT. All Rights Reserved.

モンスターヴェルトオンライン
Fivestars Online Entertainment are all registered service marks or service marks of Five Stars Online Entertainment Ltd. © 2008 Five Stars Online Entartainment. All rights resrved

アトランティカ
Copyright © 2008 NEXON Corporation and NEXON Japan Co., Ltd. All Rights Reserved. Copyright © 2008 NDOORS Corporation. All Rights Reserved.

モンスターファームオンライン
Published by Gamepot Inc. ©TECMO,LTD.2006

真・三國無双 Online
このホームページに掲載している『真・三國無双 Online』の画像は、『真・三國無双 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエー、またはCJインターネットジャパン株式会社が使用許諾を行ったものです。
「(c) 2006-2008 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.」

カウンター

現在人が閲覧しています


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。